So-net無料ブログ作成

軍師官兵衛 荒木村重役 田中哲司


Sponsored Link
有岡城主荒木村重は黒田官兵衛に最大のピンチを与えた人と言われています。

どういう人だっだのでしょうか?


軍師官兵衛での荒木村重の配役は田中哲司(たなかてつし)さんが演じます。

荒木村重

摂津国の地侍出身。信長に認められ、異例の出世で摂津国の国主となる。

不遇時代に官兵衛と知り合い、意気投合、官兵衛にとってはよき兄貴分的存在。

信長に心服していたが次第にその苛烈なやり方に違和感を抱くようになる。

小さな失策をきっかけに信長を裏切り、居城・有岡城に籠城、説得に訪れた官兵衛を幽閉する。

籠城は一年に及んだが、あてにしていた毛利の援軍は来ず、数人で城を脱出。

官兵衛は救出されたが長きにわたる幽閉生活のため髪は禿げ、膝が動かなくなってしまった。

村重が逃亡したことにより結局、残された一族・家臣は天正7年の有岡城落城後、信長に捕らわれて斬殺・焼殺された。

村重および嫡男の村次は、尼崎城および花隈城で抵抗を続けた。

村重は最終的には、尼崎から船で毛利氏の下に逃げ、その後、毛利氏の庇護のもとで、余生を送った。

道薫と号し、秀吉の茶会にも招かれているのである。利休七哲の一人でもあった。

荒木村重は家族が惨殺されながらも生き延びて、茶人として生きていることから非道の武士として非常に歴史的には評判が悪い。

荒木村重を反逆に至らせるに至った織田信長自身の苛烈な性格等もあり、その当たりが小説で描かれている場合が「多い。



1度でもいい。上さまの……あの顔に……怯えの影を見たい――己れの力に寸分の疑いをもたぬ信長の自信、神をも畏れぬ信長への憎しみ、恐れ、コンプレックス、嫉妬、そして強い執着……村重、光秀、秀吉の心に揺らめく反逆の光を、克明に追う。

強き者に翻弄される弱き者たちの論理と心理を描ききった歴史大作。

冷酷で自分を神と信じこむ織田信長と彼に仕える高山右近、荒木村重、竹井藤蔵らの心の葛藤を描いた作品です。

上記以外にも多くの本があります。

黒部亨『荒木村重―命惜しゅうて候』PHP研究所
新宮正春『兵庫の壺―異聞・本能寺の変』新人物往来社
岳宏一郎『風の武士―荒木村重』(講談社『花鳥の乱 利休の七哲』収録)
神坂次郎『道糞流伝』(新潮社(新潮文庫)『兵庫頭の叛乱』収録)
火坂雅志『うずくまる』(文春文庫『壮心の夢』収録)

共通テーマ:テレビ | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

Sponsored Link

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 軍師官兵衛 キャストあらすじ感想ネタバレ 【まとめ】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。